MENU

乳幼児も痔になる!便秘には注意しましょう

<乳幼児の痔は便秘が原因!?便の固さにご用心>

 

乳幼児の便に赤い血が付いている時には、便が固くなっていたせいで肛門付近に傷が付き、出血してしまったせいだと考えられます。固くなった便を排せつする際に切れ痔になってしまったのでしょう。肛門裂傷とも呼ばれる事がありますが、世間的には切れ痔と言った方が伝わりやすいかもしれませんね。

 

便秘が改善し、便がやわらかい状態で出てくるようになれば痔も自然に治り、便を排せつしても痛みを感じる事が無くなります。しかし切れ痔になり、固い便が出る便秘状態になった時には、病院で軟膏を処方してもらったり、きちんとお医者さんに診てもらうのも良いかもしれません。

 

便秘が続くと便の水分が腸内で失われますから、便は固くカチカチになっていきます。これを排せつすると肛門周辺を傷付けて痛みますし、その後に便秘を解消して柔らかい便にするように働きかけていかなければしばらく切れ痔の痛みが続きます。

 

切れ痔で痛いと排せつを完全に行わなかったり、排せつ自体を我慢してしまう乳幼児もいますので、便秘が慢性化しやすくなってしまいます。これによって切れ痔も悪化したり慢性化してしまう可能性も高くなってしまいますので、なるべく早く対策をとらなければなりません。

 

<乳幼児が便秘で痔になってしまった時の対処方法>

 

乳幼児がひどい便秘になり、うんちがカチカチになってしまっているようならば、その時点で病院に行って診てもらうと良いですが、もしも切れ痔になってしまったら病院に連れて行って切れ痔用の軟膏などを処方してもらうと良いでしょう。

 

また、その時点でさらに便秘が続き、便が腸内に溜まっている場合は下剤や浣腸などが処方される事もあります。乳幼児の便秘薬や軟膏は市販だと種類も少ないですし、便秘解消までに時間がかかることも多いため、医者で乳幼児用の薬を処方してもらうのがおすすめです。ただし医者の方針によってはなかなか薬を出さない所もありますので、その場合は別の医者に行かなければなりません。

 

医者に連れて行って薬をもらうととりあえずは便秘が解消したり切れ痔が快方に向かう可能性が高いですが、家庭で行える日常生活や食生活の改善が最も大切です。これによって便秘になりにくい腸が培われていきますので、病院の薬に頼るだけでなく、食物繊維・乳酸菌・オリゴ糖を日々の食事や時には健康食品に頼りつつしっかりと摂っていくようにさせましょう。

 

また、乳幼児の排便の時間を決めて毎日同じ時間にトイレやおまるなどに座らせたり、規則正しい生活を送らせるといった事も大切です。便が固くなったらみかん果汁やオレンジ果汁を薄めたものを与えてみたり、バナナなどを与えてみたりと食事の工夫がとても大きなウエイトを占めます。

 

幼児の痔はほぼ切れ痔と言われていますが、肛門周辺の一部が盛り上がり、その下に切れ痔が見られる肛門周囲膿瘍へと悪化してしまう事もあります。普段から慢性的な便秘だったり、いつまでも便秘や切れ痔が解消・改善されない場合は医療機関で一度診てもらった方が良いでしょう。