MENU

赤ちゃんの腸内環境は出産時が決め手!母親の腸内環境との因果関係

<赤ちゃんの腸内環境は出産時に決まる?母から受け継がれる腸内細菌>

 

乳幼児でも腸内環境が整っていないと便秘を繰り返してしまうリスクが高まってしまいます。生まれたばかりだったり、まだお肌もモチモチでつるつるの時期ですから、体の内部もイキイキしているのが普通というイメージが強いのですが、乳幼児の便秘に悩まされているお母さんは大勢います。

 

人間の腸内環境は善玉菌や悪玉菌などの細菌バランスによって随分と左右されます。腸内の善玉菌が多ければ、腸の働きが高まって便秘とは無縁になります。本来赤ちゃんというのは離乳食が始まる前位までは非常に多くの善玉菌が腸内細菌として存在しているのが普通です。それにも関わらず、なぜ腸内環境が整っていない赤ちゃんが存在してしまうのでしょうか?

 

実は赤ちゃんの腸内環境は、出産時に決まるという説があります。お腹にいる赤ちゃんは無菌状態で大きくなっていきますので初めはどのお母さんから生まれてくる子どもであっても条件的には同じと言われています。

 

ですが出産の際に今後の赤ちゃんの腸内環境は左右されてしまいます。赤ちゃんは産道を通って生まれてきますが、その際に母親の産道内に生息している細菌を自然に口から取り入れています。赤ちゃんを産む最中に便が出てしまう人はかなり多いですが、それも赤ちゃんが腸内細菌を取り込む手助けとなっています。出産時の病院スタッフの手や空気中の細菌なども取り込まれます。

 

産道内の細菌は腸内細菌と種類が似ていますので、妊娠中に母親の腸内の悪玉菌が多いと赤ちゃんにもそれが引き継がれてしまうと言われているのです。

 

帝王切開で生まれた子どもの場合、母親の腸内環境が良かったとしても産道を通って細菌を取り込む事ができないため、腸内環境が整わない事があるそうです。

 

<親子は共通のビフィズス菌を持っているという調査結果も>

 

出産時に赤ちゃんに母親の腸内細菌が継承されるというのはわかりましたが、これには何か根拠があるのでしょうか?これに関係する調査としてフィンランドで行われたのが、生後3ヶ月の乳児とその母親90組への便の調査です。

 

これによると、75%ほどの親子が共通のビフィズス菌をもっているという結果が出たそうです。100%にならないのは、帝王切開で生まれたり、出産時に何らかの原因で母親の腸内細菌が取り込めなかったからかもしれません。

 

<出産時にしくじったら赤ちゃんの腸内環境は整わないの!?>

 

出産時に帝王切開をしたり、もともと母親の腸内環境が良くなく、母親も便秘体質であった場合は、赤ちゃんもそれを受け継いで一生腸内環境が悪くなってしまうのではないかと心配になってしまうものです。

 

たしかにそういった環境で生まれてきた赤ちゃんは腸内環境が乱れがちでそのまま便秘体質になってしまう子も存在しますが、悲観的になったり過度な心配をする必要はありません。大人でも便秘解消法を実践したりして、努力次第では腸内環境を整える事は可能です。当然赤ちゃんに関してもそれが言えます。

 

生まれた際に取り込める細菌の種類に違いはあっても、生まれた後に送る生活次第で良くも悪くもなっていくのです。例え良い細菌を取り込む事が出来たとしても、その後に与える母乳の質が悪かったり粉ミルクのみで育てられていれば多少腸内にも変化が起きてしまいますし、離乳食が始まって以降の生活習慣やしつけなどによって便秘がちになってしまう乳幼児も存在します。

 

離乳期までにどのような生活をしているかで今後腸内で活躍してくれる腸内細菌の数や種類に変化が現れる事もあります。離乳期までの腸内環境は将来に影響しますし、離乳食の時期を過ぎた幼児になると更に便秘の原因が多様化していきます。

 

大人の腸内環境も良い時もあれば悪い時もあります。しかし基本的に何の対策もしないと、気付いていないだけで下痢と便秘を繰り返しているなど、一定の状態を繰り返しているだけの事が多いです。

 

離乳期くらいまでの時に腸内環境をしっかりと整えてあげることで将来的なリスクを減らす事につながっていきますから、この時期の赤ちゃんは健康と共に腸内の健康にも気を配っていくのが望ましいと言えるでしょう。

 

<離乳期までの赤ちゃんは腸内環境に気を配りましょう>

 

もしも離乳期までの赤ちゃんに便秘の疑いがあるようであれば、腸内の細菌バランスがうまくいっていないなどの理由で腸内環境が理想の形に整っていない可能性もあります。このような場合には腸内のビフィズス菌など、善玉菌を活発にさせるために赤ちゃん用のオリゴ糖などをミルクに混ぜて与えてみましょう。

 

腸内の善玉菌の餌となり、うまくいけば腸内の善玉菌を増やして腸の働きを高めてくれるかもしれません。うまくいけばというのは、腸内の善玉菌が与えたオリゴ糖を好むかどうかという事になります。できるだけ多くの善玉菌に対応しているオリゴ糖を使用すれば無駄がありませんので、そのような製品を探してみましょう。

 

離乳期以降の幼児であっても、継続して腸内の善玉菌を増やすように生活習慣を整えて行けば、便秘になりにくい腸を作り上げていく事も夢ではありません。幼い頃から腸内環境を整えることでそれが定着し、便秘などのトラブルが少ない腸に仕上げられるのかもしれませんね。