MENU

乳幼児の排便の痛みは便の硬さと関係が!痛みを抑える方法は?

<乳幼児が排便の痛みで泣く!原因は?>

 

乳幼児は便秘が続いたり、便が固くてなかなか出てこないような時には排便の際に痛みを生じて無く事があります。固くなった便を出す際に、お尻の穴周辺やその周りの腸壁を傷付けたり、切れてしまっている事が原因です。このような状態を肛門裂肛と呼んでいますが、これは便秘がちの人に起こりがちな症状です。

 

肛門には伸縮性があり、便の量によって必要に応じて広がります。しかし広げられるのにも限度がありますので、それを超えた大きさの便が一度に出てしまったり、固い便で腸壁や肛門が傷つけられてしまうと裂傷となります。裂傷になった直後の排便よりも、次回以降の排便の際に更に痛みを感じやすい事もあります。

 

一度裂傷が出来てしまうと治るまでは乳幼児が排便する際に痛みを感じたり、便を排せつする度に出血したりするので泣く事もあります。痛くて完全に便を出しきる事が出来ないケースもあるので排せつに支障をきたし、それが更なる便秘状態を呼ぶこともあるのです。

 

肛門裂肛で肛門付近に傷ができたとしても、小さいと目立たない事もあります。ですが乳幼児の便に赤い血が付いていて、しばらく便が出ていない時は肛門裂肛になっている可能性が高いとされています。

 

<乳幼児の便秘で排便の際の痛みを抑える方法は?>

 

乳幼児が便秘で長らく便が出ず、排便の際に痛みを感じているようならば、肛門裂肛で排せつが困難になっている事が多いです。この部分の傷は長期化する事なくわりと早く治っていくものですが、治るまではひたすら痛いので乳幼児には酷な事柄の一つです。

 

もしもこのような状態になったら、一度医者に診てもらい、肛門用の軟膏などを処方してもらうのがおすすめです。できれば固くなった便が出てこない便秘状態になった時に診せに行くと良いでしょう。固くなった便を出すために浣腸をしてくれたりと色々対処してもらう事ができます。また、生活面でのアドバイスを受ける事もあります。

 

医者から軟膏を処方してもらって塗ってあげると便の滑りも良くなりますし、傷の治りも早くなる可能性が高いです。

 

<乳幼児の排便の痛みを放置するのは厳禁>

 

乳幼児の排便時の痛みは肛門裂肛が原因ですが、何度も引き起こすようだとイボのようなものが出来てしまったりして更に症状が長期化してしまう事があります。そのため、便秘で肛門裂肛が起きたらすぐに病院で軟膏を処方してもらうのと同時に、乳幼児の便秘や便の固さを和らげる方法を毎日実践していくようにしましょう。

 

せっかく軟膏を塗っても、便が固いままだと再び肛門に負荷をかけてしまう原因にもなります。便をやわらかくする食べ物や飲み物を与えて便を柔らかくするようにするのがおすすめです。

 

ミカンやオレンジなどの柑橘系の果実や果汁を与えたり、バナナを食べさせたり、こまめな水分補給を行うほか、5%の砂糖水やオリゴ糖も腸内に水分を呼び込んで便を柔らかくできるそうなので試してみてください。