MENU

増える子供の便秘!子どもが便秘になるきっかけは何?

<子どもの便秘が増加!?子供が便秘になるきっかけって?>

 

便秘というと大人の女性で悩んでいる人が多いという印象ですが、実は最近では子供の便秘も多くなってきています。また、中高年の男女の便秘も多いそうです。既に便秘は年代関係なく、その症状に悩まされている人達が増えてきているとも言えるでしょう。

 

便秘が慢性化したりひどくなったりすれば大人でも大変だったり辛かったりと、なにかと不便を感じる事が多いものです。ですが小さな子供の場合は大人のように我慢がきかなかったりするので、本人も周囲の大人も尚更たいへんになります。

 

子供が便秘になるきっかけは、成長の節目に多いと言われています。たとえば離乳食が始まった時期もそうですし、生活環境が一変する幼稚園の入園や小学校の入学などがそれにあたります。こういった事が心理的なストレスになったり、食生活や生活のリズムの変化などがきっかけで便秘になりやすくなってしまうのです。

 

また、子供の便秘は悪循環に陥るきっかけもあります。便秘で長時間便が出ないと、腸内に留まった便の水分は腸に吸収されてだんだん水分が失われてしまいます。その結果便を出す際に固まって出てくるため、排せつした際に痛みを生じます。子供はこの痛みが嫌で便を我慢するようになってしまったり、たとえ我慢しなかったとしても痛くて一度に出しきれず、排せつを中途半端で終わらせてしまう事があるのです。

 

これによって便が長く腸内に留まる状態が続きますので、なかなか便秘が解消できないといった悪循環にハマりこんでしまうのです。そしてこれが慢性化すると便意自体を感じにくくなる鈍感な腸に変化してしまいます。これが定着すると便秘体質になってしまうので、周囲の大人がいち早く気付いて早めの便秘対策を講じてあげなければなりません。

 

便秘は排便回数だけではなく、便の量や固さのほか、肛門の痛みや出血が無いかなどを見ます。

 

<子供が便秘になるきっかけは食生活や生活習慣にもアリ>

 

子供が便秘になってしまうきっかけで多いのが食生活と生活習慣です。子供の頃の食生活はほぼ親に依存していますので、親が偏った食生活やバランスのとれた食事を子供に与えていなかったり、子供が好き嫌いが多かったりしてあまり食べないでいると便秘になってしまうリスクが高まってしまいます。

 

普段の食事では火を通した野菜や新鮮な果物、根菜類や海藻類、豆類などをバランスよく摂取させるのが望ましいです。また、生活習慣では夜更かしは出来るだけやめさせ、毎日きちんと充分な睡眠時間をとらせましょう。そして朝は毎日同じような時間帯にトイレに座らせ、たとえ便意が無くても数分間トイレに行かせることが重要です。

 

過度なストレスがかかる環境も腸に良くありません。ストレスと腸は密接に関係しており、腸はストレスを感じるとけいれんを起こす事もあります。排せつや睡眠を管理している自律神経もストレスに弱い為、ストレスは体に支障をきたす万病のもとです。子供にも子供なりにストレスを感じる場合がありますので、このへんも注意してあげてください。

 

<子供の便秘を重症化させないためには>

 

子供の便秘も腸内環境や生活習慣を改善せずに放置しておくと、便秘が慢性化してしまう事があります。子供がひどい便秘になってしまい、肛門付近で便が固まって留まってしまっている場合には、この状態を繰り返す事で腸の形が変形して真の便秘体質にまっしぐらとなってしまいますので、とりあえず下剤や浣腸で便を出してしまいましょう。

 

また、トイレを我慢したりしないように教育し、排便の際に肛門に痛みを感じるのであれば軟膏などを薬局で購入するか、一度病院に行って医者で軟膏を処方してもらいましょう。

 

子供の便秘を重症化させないようにするには、便秘を短いスパンで度々繰り返すようであったり、一ヶ月以上便秘が続いて便が出る日が少ないといった場合に病院に連れて行って医師に相談をする事です。たかが便秘だと侮っていると体に様々な害を及ぼす事もあります。

 

<便秘は意外と体全体に悪影響を及ぼす>

 

便秘はただ単に便が腸に詰まって出てこないだけではありません。そう軽く考えている人があまりに多く、実は便秘のリスクと言うのはあまり広く知られていないのです。便秘になると便が詰まってお腹が苦しくなり、出かけている時など変な時に便意が襲って来たりして困ったり不便だという事もあります。

 

ですが便秘がさらに長く続き、腸内に便が留まり続けると、便が腐敗・発酵を始めて体に有害なガスが発生し始めます。便秘で嫌なのはこの腸内で発生する有毒ガスなのです。おならは臭くなりますし、外におならとして出ていかなかった分は腸内の血管から吸収されて全身を巡ります。

 

一部は内臓で処理されますが、処理しきれなかった分は血液に取り込まれて全身の毛穴から排出される事もあります。その結果体臭・口臭が臭くなる上に、毒素で内臓の働きを弱め、腸内の免疫細胞にも害を及ぼして免疫力の低下を招きます。

 

風邪をよくひいたり、一度病気になるとなかなか治らない子供は腸内環境が悪化している可能性があります。免疫細胞の約70%が存在する腸の環境は体の健康とも直結しています。大切な子供の腸内環境をしっかりと整え、健康な毎日を送らせてあげましょう。