MENU

便秘は子供に遺伝する?生活習慣で改善は可能なのか

<便秘は子供に遺伝する?子供は便秘知らずに育ってほしい!>

 

親が便秘体質だと子供にもその体質が遺伝してしまうのでしょうか?自分が辛い便秘で慢性化している親はそのような事で心配してしまう人も多いです。便秘が遺伝するかどうかについてははっきりとした事はわかっていないのですが、母親の腸内環境は少なからず子供に影響する事が判明しています。

 

赤ちゃんは生まれる際に産道を通って誕生しますが、その際に産道内で母親の様々な菌をもらいながら進んでいきます。そのため、誕生した際に取り込んだ菌がしばらく赤ちゃんの腸内に影響を及ぼすのはほぼ間違いありません。産道内だけでなく、赤ちゃんは誕生した後にも色々な菌を取り込みながら成長を続け、離乳食の時期になると食材に滞在している菌も体内に取り込んでいく事になります。

 

便秘体質は遺伝というよりも、生まれた瞬間からどのような経緯を辿って成長するかによって培われていくと考えられています。

 

<便秘体質の親の習慣をそのまま引き継げば便秘になりやすい>

 

便秘というのは食生活や日頃の生活習慣のたまものだと言われています。生まれつきの体質的なものの影響という可能性は捨てきれませんが、数々の便秘の原因が判明していますので、その原因となりうる事を日常生活で送っていれば便秘になりやすくなってしまいます。

 

便秘体質の親も食生活や生活習慣の中で何かしら便秘になりやすい行動を行っている事が考えられます。便秘の原因が食生活にあった場合、親と同じものを食べて成長する子供が同じように便秘体質になってしまっても不思議ではありません。

 

腸内の善玉菌は離乳食期位を境にどんどんと減っていくというデータがあります。まだ小さいうちは親と同じものを食べていても便秘体質にならなかったとしても、成長した暁にはいつの間にか便秘体質になっていたとしても不思議ではないのです。

 

子供は親が与える物を食べて育ちますので、親が自分の便秘体質を改善するつもりで日々の食生活に気を使い、規則正しい生活を送らせていかなければなりません。

 

親子共々便秘がちな場合は、家族そろって食事や生活習慣を見直し、腸に良い生活を送る必要性があります。

 

<便秘は生活習慣の改善で腸内環境を整えると良い>

 

親や子供の生活習慣にあまり問題が無いと思っていても、実は便秘の原因を突き詰めていくとどこかしらに問題があるケースも多いです。最近は夜更かしをする子供が増えてきていますし、親が忙しいので生活のリズムを一定に保てない子供もいます。

 

特に親が仕事をしていて食事の時間がまちまちになってしまう子供は生活リズムが崩れてしまいがちになるので注意が必要です。

 

食事内容に関しても便秘に良いとされる食べ物をしっかりと食べさせるようにしましょう。不溶性・水溶性食物繊維が含まれている食材をバランスよく食べさせたり、オリゴ糖を摂取させたり、ヨーグルトや味噌などで乳酸菌を摂るなど、日々の食事から腸を整えるつもりで食生活に気をつけるのがベストです。

 

ある程度規則正しく生活し、寝る時間・食事の時間・トイレに座る時間がある程度一定の時間帯になるように体内のリズムを作ると便秘改善へと向かう事もあります。特に毎日同じ時間にトイレに座る習慣はとても大切です。毎日これを続け、一度でも便が出るようになれば次からこの時間帯に便意を催すようになってきます。同じ時間にトイレに行く事も習慣の一つにすると良いでしょう。

 

<便秘は親の遺伝だけではない!?自律神経の影響について>

 

便秘の原因は腸内環境が整っていなかったり、腸の働きが弱まってしまった事にある場合が非常に多いですが、この腸の働きは自律神経によって管理されています。自律神経は体の色々な部分を司り、非常に大切な働きをしています。

 

腸の働きだけでなく、睡眠などもコントロールするような重要な役割を担っているのです。排せつの際は副交感神経が深く関わっていますが、自律神経には交感神経も存在しています。この二つの神経の切り替わりがスムーズにいかないと便通にも支障が出てしまう事があります。

 

自律神経に支障をきたさないようにするには、何と言っても充分な睡眠と規則正しい生活が必要不可欠です。また、あまり過度のストレスがかかる環境に身を置いてもいけません。

 

便秘というのは実は食生活・生活習慣共に深い関わりのある症状だと言えます。親が便秘体質だと子供に遺伝するという噂があっても諦めず、親子揃って便秘の改善・解消を目指して生活習慣を改めていく事で、充分改善・解消の余地はあると思われます。

 

良い機会ですから、親が便秘の原因になっているかもしれない事を突き止めたり、便秘に良い習慣を複数取り入れたりして、親子共々便秘体質からおさらば出来るように生活習慣や食生活を改善していくようにしてみましょう。たとえ一つの方法で効果が出なくても、色々な腸に良い習慣を徐々に足していくような感じで実践していくと良いかもしれません。