MENU

乳児の便秘は離乳食の時期に起こりやすい!その対策は?

<乳児の便秘は離乳食期に多く見られる>

 

乳児は離乳食が本格的に始まる前でも、ミルク以外のものを与えられたりした時などに便秘が起きるケースがありますし、母乳の質や粉ミルクの質・生まれた時の環境によっても便秘がちになる事があります。

 

ですが離乳食シーズンに突入すると、途端に便秘になってしまう乳児も多く見られます。ですが離乳食が始まれば、乳児の便の回数が減る事自体は普通の事として捉えられています。1〜2日便秘になってしまったとしても、あまり心配する必要はないのです。

 

なにしろ食べる物がミルクから固形物に変わるわけですから、赤ちゃんの体に変化が起きたとしてもおかしくはありません。また、液体から固形へと食べ物が変化するので充分に消化することができなかったり、便が出にくくなってしまうのもよく起こる事です。

 

乳児が離乳食期に便の回数が減ってしまったとしても、便がコチコチに硬かったり、乳児に辛そうな様子が見受けられないようであればしばらく様子見でも良いでしょう。

 

しかし、乳児のお腹がパンパンで苦しそうで、乳児自体もいつもより泣いていたり元気が無さそうであれば病院で一度診てもらうと安心できるでしょう。この場合も綿棒浣腸などで一時的に便を出し、離乳食などの食生活を含めた生活習慣の改善で便秘解消につながる事もあります。

 

<乳児が便秘になったら食生活を改善してみる>

 

乳児が便秘になったら、食生活を中心に改善をしてみましょう。離乳食などの食事内容に気を付けるだけで便秘解消につながるケースも多々あります。便秘がちな乳児は水分不足に陥っている事が多いので、お風呂上りや毎日数回に分けての水分補給は欠かさずに行うのがベストです。ベビー用麦茶やベビー用サポート飲料、白湯などを時折与えて水分補給させましょう。まだ小さい乳児は一度にたくさんの量をうまく飲む事が出来ないので、こまめに与えてあげることが大切です。

 

乳児でもまだ離乳食前であれば、ミルクの量を増やしたり、ミルクにオリゴ糖を混ぜたものを与えると良いでしょう。果汁が飲めるようになったらみかんやオレンジの果汁を与えてあげると便がやわらかくなる事があります。

 

乳児が離乳食期に突入したら、離乳食ではひじきやワカメなどの海藻類が入ったものや、寒天で作られたゼリーなどを適量与えるのがおすすめです。これらには水溶性の良質な食物繊維が豊富に含まれていますので、乳児の便秘解消にはもってこいの食材です。

 

同じ食物繊維でも、不溶性食物繊維と呼ばれる繊維質の食物繊維が摂れるゴボウなどは、まだデリケートな乳児の腸壁を傷付けてしまう事もあるようですので、与えすぎは要注意です。その点海藻類の水溶性食物繊維はそのようなリスクが少なく、便秘がちな乳児に適した食材と言えるでしょう。

 

便秘になりづらい食生活と習慣を実践していく事で、乳児の腸内環境を整えてあげる事も可能ですから、日々の生活でできるかぎりの快腸習慣を心がけていきましょう。