MENU

子供の便秘にヨーグルトを食べさせると効果はある?

<子供の便秘解消でヨーグルトを与えると効果はある?>

 

便秘解消など、おなかに良い効果をもたらす食べ物の代表格として多くの人に知られているのがヨーグルトです。一時期はテレビCMなどでお腹に良い乳酸菌が含まれている事を前面に押し出してPRされていた時期もありますので、腸内環境を整えるために毎日ヨーグルトを食べている人もいるほどです。

 

実際ヨーグルトには乳酸菌や乳糖が含まれているため、腸の働きを高める手助けをしてくれて、それが便秘改善・解消につながるきっかけになるのであろう事は容易に想像がつきます。

 

とはいえ、何の対策もとられていないヨーグルトに含まれている乳酸菌は腸に届く頃には大半が胃酸などで死滅してしまっていると言われています。その死滅した乳酸菌も腸内の善玉菌の餌として活用されるのでムダではないのですが、出来れば生きたまま腸に届いて数を増やし、長らく腸にとって良い状態をキープできるような菌が使われている物が良いと言えるでしょう。

 

子供の便秘解消にはバナナやプルーンなどを入れたフルーツヨーグルトを食べると良いと言われていますが、与えすぎても良くないそうですので、適量を毎日食べさせる習慣を付けると良いかもしれません。

 

<ヨーグルト以外でも乳酸菌を摂る事が出来る>

 

乳酸菌にも色々と種類があります。ヨーグルトに含まれている乳酸菌は動物性乳酸菌と呼ばれています。そして、豆乳や漬物に含まれている乳酸菌は植物性乳酸菌と呼ばれているのですが、こちらの方が腸に生きたまま届く可能性が高い菌です。

 

腸内の善玉菌を増やすために乳酸菌をたくさん摂ったとしても、わずかな種類だけでは腸内で増やせる善玉菌の数に限りがあります。そのため、出来れば動物性・植物性それぞれの乳酸菌をまんべんなく体内に取り込めるように、お腹に良い食品はバランスよく摂取するのが望ましいです。

 

植物性乳酸菌を含む食べ物を多めに食べさせる習慣を付けると、子供の体質によってはヨーグルトよりも便秘解消に効果が出る可能性があります。また、植物性乳酸菌を含む食品を子供があまり食べないようであれば、生きて腸まで届くタイプのヨーグルトを選んで食べさせると良いでしょう。

 

プロバイオティクスと書かれているヨーグルト製品が多いですが、これが生きたまま腸まで乳酸菌を届ける事が出来る商品です。他にもヨーグルトの製造メーカー独自に開発した有効な乳酸菌が使われているケースもあります。機能性重視で開発されたヨーグルトですので、子供の便秘にもある程度便秘解消の効果が期待できるでしょう。

 

<ヨーグルトを食べても便秘に効果が無い子供もいる>

 

時々子供だけでなく、便秘解消のためにヨーグルトを食べている大人も、毎日ヨーグルトを食べているのに便秘に効果がないと嘆いている人が見られます。ヨーグルトは確かに腸内の善玉菌を増やす事につながりますが、便秘の原因は色々なものがあります。

 

便秘の原因次第では、ヨーグルトを食べるという行為だけでは便秘の改善や解消につながらない事があります。便秘やお腹によい食べ物というのは実は種類がたくさんあります。そして、そのような食べ物にはそれぞれに便のかさを増やしたり、腸内環境を整えたり、便をやわらかくしたりと色々な役割があるのです。

 

ヨーグルトだけに集中して効果が無いと嘆くより、食生活を見直して腸に良い食品をバランスよく摂取する事も大切なのです。

 

<ヨーグルトで乳酸菌を摂るなら餌のオリゴ糖も一緒に!>

 

ヨーグルトの中には乳酸菌が多く含まれていますが、ヨーグルトに含まれている乳酸菌の数は乳酸菌サプリメントなどに比べると多くはありません。しかし、生きたまま腸に届くタイプの乳酸菌が入っているヨーグルトを食べ、その乳酸菌を腸内に送り込めば、生きている乳酸菌が腸内で活動を続けて数を増やそうとします。そして腸内の善玉菌の数が増える事につながるので、腸内環境も良好な状態を持続させていくことが出来るようになるのです。

 

ですが生きたまま乳酸菌だけを腸内に送り込んだとしても、乳酸菌の餌が無ければそのうち死滅して数は減ってしまいます。毎日ヨーグルトを食べたとしても、食べるのをやめてしばらくすれば数が減ってしまうのです。

 

腸内に送り込んだ有効な菌を、できるだけ長く腸内に留め、数を増やす事ができるようにするためには、乳酸菌の餌となるオリゴ糖も同時に摂取するのがおすすめです。オリゴ糖は食べ物にも含まれていますが、バナナの中にはフラクトオリゴ糖が含まれているのでヨーグルトと相性はぴったりです。

 

ですが毎日十分な量のオリゴ糖を摂取するのが難しい場合があります。このような時には、純度の高いオリゴ糖をヨーグルトや飲み物、料理に混ぜて摂取してみると便秘解消につながる事があります。

 

子供に乳製品を与えすぎるとかえって便を固くしてしまう事もあります。ヨーグルトを与えすぎると便秘になってしまう可能性があるため、様子を見ながら量を加減して与えるようにすると安心です。