MENU

子供の便秘も慢性化する!?腸内環境を整える事で予防しよう

<子供の便秘が慢性化してしまう原因>

 

子供がいない人から見ると、子供は快活で便秘知らずといったイメージが強いですが、実際はまだ生まれたての赤ちゃんでも便秘する事があります。子供が便秘で辛そうにしていると親も心配になってしまいますし、何とか便を出させてあげようと色々な便秘解消法を試すお母さんもいます。

 

ですが便秘になっても便さえ出るようになればそれで良しとしてしまう人が非常に多く、なかなか子供の腸内環境の改善にまで目が向く人はいません。何しろ子育ては忙しく、家事に育児に仕事にと、やらなければならない事は山ほどあるからです。

 

子供の事は心配ですが、便秘が解消されたらそこで満足してしまう傾向が強いと言えるでしょう。それでも子供が便秘を繰り返すようならば、それは腸内環境が整っていない可能性が非常に高いという事になります。そしてこれが子供の便秘の慢性化を招いているのです。

 

子供の便秘体質をそのまま放置しておけば、将来的にも便秘で苦しんだり腸内のトラブルに悩まされる事になってしまう可能性が高くなりますので、まだ小さい子供のうちにその可能性をできるだけ潰してあげるようにしたいものです。

 

<子供の便秘が慢性化してしまう!?負の連鎖パターン>

 

子供の便秘が慢性化してしまうのはある程度パターンが存在します。

 

子供が便秘をすると便がウサギの糞のように固くなり、排せつの際にも非常に力が要ります。そしていざ肛門から排せつする際には、固くなった便が肛門や肛門近くの腸管を傷付けたり出血したりして、お尻に痛みを感じる事があります。

 

まだ小さな子供はわけもわからずこの痛みに恐怖を覚えたり、痛みを避けるために排便自体を我慢するようになってしまいます。この習慣が続くと子供の腸にも変化が起こります。腸は長く太く変形してしまい、便を我慢する事で便意を感じる神経が鈍くなってしまうのです。

 

便意を感じなければトイレに行く回数も減り、便が腸内に溜まりがちになります。そして、腸内に便が留まる時間が長ければ長いほど便の中に含まれている水分は腸壁に吸収されてしまうのです。

 

こうして固くなってしまった便は排せつの際に痛みを伴わせながらいずれ排出される事になるのです。

 

こういった負の連鎖が起きてしまうと、腸内環境は悪玉菌優勢の最悪な環境のままとなってしまいますし、腸内では人体に有害なガスが発生したり免疫力の低下を引き起こすなど、子供の体にとって望ましくない環境が出来上がってしまいます。

 

<子供の便秘を慢性化させないためには?>

 

子供の便秘は原因が色々ありますが、その多くは食生活と生活習慣が関係していると言われています。この二つを改善して腸内環境を出来るだけ良い方向に改善してあげることが大事だとされています。

 

子供の腸はまだ未熟なため、充分に機能が働けていない可能性もありますし、きちんと腸内環境が整っていないケースもあります。ですがそういった課程を経てそのうち腸の機能が成熟していきます。

 

家にしても何にしても、基礎や土台が大事です。子供の頃から食生活や生活習慣を正して腸内環境を自然と整えられる生活を続けさせていれば、大きくなってからもあまりその習慣から外れる事はありません。

 

腸の働きを効率よく高められるようになれば、便秘や下痢といった腸内トラブルが起こりにくくなるのです。子供が便秘になった際に、便が出たからと安心・満足してそれっきりだと、腸内環境自体は改善されませんので便秘が慢性化してしまう事もあります。

 

子供の便秘を慢性化させないためには、現在便秘を引き起こす腸内環境を作ってしまった原因を突き止める必要があります。また、便秘に良い食べ物を普段の食事に取り入れるなど、食生活を見直す事も必要になってきます。

 

子供の便秘が慢性化する原因には、食事で食物繊維・オリゴ糖・乳酸菌などを摂るのが不十分であったり、水分不足や水分を摂る方法が悪かったり、運動不足といった問題があります。

 

特に食生活に関しては腸内環境と非常に深い関わりがありますから、子供の便秘の慢性化を防ぎたいのであれば切っても切り離せない問題です。便秘に良い食材には、それぞれ役割が違うものがありますので、一つの食材にこだわらずに便秘に良いとされる食材はまんべんなくバランスよく摂り入れるようにしましょう。

 

<子供の便秘の慢性化をどうにかしないと…?>

 

子供の便秘が慢性化すると、お腹が苦しかったりして不快になるだけではありません。先ほど挙げたように免疫力が低下して健康にも影響力がありますし、腸内で発生したガスが腸の血管から取り込まれ、全身を巡って排出される事によって肌荒れを引き起こす事もあります。

 

また、内臓の働きを弱めてしまうので代謝が低下し、冷え症や肥満になったりする事もあります。また、陥ると厄介な自律神経の不調などが見られる事まであります。

 

まだ子供のうちは元気で活発であっても、成長して大人になってからもこの体質のままでいると子供の時とは違い、様々な弊害を感じやすくなってしまいます。子供の便秘が慢性化している場合は、できるだけ早いうちから腸内環境を整える習慣を付けたり、腸内の善玉菌を増やすサポートをしてあげるべきでしょう。