MENU

乳児の便秘の原因は腸内環境にアリ!?

<乳児の便秘の原因は腸内環境が悪いから?>

 

かわいい盛りの乳児が便秘でお腹が張り、苦しそうにしていると、それを見ている親はとても心配になってしまいますし、かわいそうで早く何とかしてあげたいという気持ちになるものです。

 

特に便秘がちの乳児は数日便が出ない事も珍しくありませんし、やっと出たかと思えばコロコロした固い便が肛門を傷付けたりして痛いのか、排便の際に泣いたりと、痛々しい事限りありません。

 

乳児の便秘の原因は突き詰めていくと腸内環境が整っておらず、状態が悪くなってしまっている事が挙げられます。腸内環境が悪くなってしまう原因は生まれつきの事もありますが、その多くが水分やミルクの量が足りない事と、運動不足が原因だと言われています。

 

また、母親の無理なダイエットや偏った食生活などで母乳の質が悪かったり、粉ミルクの質が悪いと便秘の原因になってしまう事もあるようです。この他にも、赤ちゃんは成長するに従って口にする物がだんだんと変化していきますから、ミルクから離乳食に切り替えたりする時や、ミルク以外の物を与え始めた際に便秘をする事があります。

 

ですが基本的には腸内環境が良好な状態であれば、腸内の善玉菌の数も一定数存在し、腸内の活動を正常に行う事が出来るためあまり便秘は起こりません。乳児に便秘が起こっているという事は、何かしら原因となる不具合が存在しているはずなのです。

 

<乳児の便秘対策は意外と大変>

 

乳児の便秘の原因の筆頭になっているのが水分不足やミルクの質と量の問題です。このような情報はインターネットで調べるとたくさん出てきますので、乳児が便秘になってしまった多くのお母さんは乳児に毎日白湯やベビー用麦茶などをかいがいしく与えている事でしょう。

 

また、腸を刺激して排せつを促すマッサージや運動などを行ったりしている人もいます。それでも便が出ないとさすがに乳児の体への影響が心配になりますし、特に初めての子どもを持つお母さんは右も左もわかりませんから、病院に駆け込んで乳児に下剤を処方してもらったり、綿棒浣腸やイチジク浣腸などの使い方について病院でアドバイスされる事もあるかもしれません。

 

しかし便秘をする乳児は便秘を繰り返す事がよくあります。前回の便秘が解消されてから次に便秘を起こすまでの期間がどれくらい空くかは乳児の体質などによりますが、あまり頻繁に便秘を繰り返せば固くなった便のせいで肛門や肛門周辺の腸管を傷付けて出血したり、炎症を起こしてしまう事があります。

 

このような状態になると排せつの際におしりが痛むので、乳児も便をする際に泣く事があり、親としてはこれを何とかしてあげたいと思う人も多いです。そして年齢がもう少し大きくなると、排せつの際のおしりの痛みから逃れようと便を我慢するようになってしまい、更に便秘が慢性化してしまうといった悪循環が起きる事もあります。

 

乳児の便秘対策は意外と大変で、綿棒浣腸などで一時的な便秘解消法を行うほか、水分補給をしっかりこまめにさせたり、みかんやオレンジ果汁を与えたり、母乳の質を高めるためにお母さんの食生活を改善したり、腸を刺激するマッサージをしたりと、ただでさえ忙しい家事と育児の合間に必死に便秘対策をしなければならなくなります。

 

<乳児の便秘対策で有効なのは腸内環境を整える事>

 

乳児の便秘の原因は様々ですし、便秘のひどさにも個人差があります。乳児が便秘を起こす場合は腸内環境が悪くなっている事が考えられますから、腸内環境を整える対策を行う事で便秘のリスクを低くする事が可能です。

 

腸内には善玉菌と悪玉菌がいる事は多くの人が知っていますが、よく善玉菌を増やすとか、悪玉菌を減らすなどと言われていても、それがどう腸に影響しているのかはよく知らないという人が結構多いものです。

 

腸内の善玉菌であるビフィズス菌が増えると、腸の働きを弱めて果ては免疫力の低下を引き起こしたりする悪玉菌の数を減らす事ができます。そして、善玉菌には腸のはたらきを高めて便の排せつをスムーズにする特徴があります。

 

善玉菌が腸内で優勢ならば腸内環境が整い、便通も良くなりますが、悪玉菌優勢だと便通が悪くなって腸内で有害なガスが溜まったりして良い事が全くありません。腸内にいる善玉菌の数を増やすには、善玉菌の餌となるオリゴ糖を定期的に摂取するのが有効です。

 

乳児の便秘の原因の一つが腸内の細菌バランスが乱れてしまっているからで、オリゴ糖で善玉菌を増やし、できるだけ腸内環境を整えてあげると善玉菌の力で便秘が快方に向かう事もあります。このオリゴ糖は母乳にも含まれているのが普通ですので、食生活に気を使っているお母さんの質の良い母乳をしっかり与えられていると乳児は便秘になりにくいと言われています。

 

ですがお母さんがどんなに気を付けていても、母乳の質が低下してしまうタイミングやきっかけというのは至る所にあり、毎回毎回良い母乳を出す事に気を配る事は少々難しいかもしれません。また、粉ミルクのみで育てている乳児は、与えている粉ミルクの質によってはオリゴ糖が不足しがちになります。

 

そして帝王切開で生まれてきた子どもはお母さんの良い菌を取り込めずに誕生するため、腸内環境を意識して整えてあげないと便秘しがちになってしまうリスクがあるとも言われています。

 

乳児の便秘はそれだけでなく、生まれてからの環境次第で腸内環境が乱れてしまう事がよくあります。子どもが便秘を繰り返し、腸内環境が良くないのではと感じたら、食生活の見直しや水分補給のほか、オリゴ糖などで腸内環境を整えるように働きかけておきましょう。