MENU

乳幼児の便秘解消法!無理なく害のない方法は?

<乳幼児の便秘解消法で害が無い方法は?>

 

乳幼児の時期に便秘になってしまうと、大人のように強い副作用がある下剤などを用いる事が出来ないため、便秘解消法に悩んでしまうお母さんも多いです。

 

病院や市販薬で乳幼児の便秘に効く薬を入手したとしても、副作用の事を考えると出来るだけ使用したくないと思うのが普通です。ですが乳幼児に害が無い便秘解消法は一見すると難しいように感じますが、現代では乳幼児にも比較的安心して使える下剤や座薬、固いうんちのせいで肛門裂傷になってしまった際の軟膏などがお医者さんで処方してもらえます。

 

基本的に乳幼児向けに作られている便秘薬などは体に害が無いようにできている事が大半ですから、あまり神経質にならなくても大丈夫でしょう。ただ、中には便秘程度で医者に診せるまでもないという考えの人もいるかと思われます。実際多くの便秘の乳幼児を抱えているお母さんはが、医者や薬に頼らずに自力で何らかの便秘対策を行っています。

 

赤ちゃんが便秘のせいで異様にぐずったり、体調が悪そうだったり、固い便がいつまでも詰まって出て来なかったり、便の色が異常だったりした場合はすぐに病院に行って医師に診察してもらった方が良いですが、赤ちゃんが便秘でも元気な様子だと医者に連れて行くことを躊躇してしまう人もいっぱいいます。

 

乳幼児が便秘になっていても特に体調面で心配なさそうだと判断できるような場合には、食生活と生活習慣の改善をしながら、一時的に便を出すような方法で対処していくと乳幼児に害を及ぼさずに便秘解消が出来るかもしれません。

 

<乳幼児に害のない便秘解消法=腸内環境を整える習慣をつける>

 

乳幼児が便秘になっても、母親が子どもの便秘を解消させるために医者で薬をもらったり、浣腸をしたりすればとりあえず便はいずれ出てきます。ですがその後に何の対策も行わなければ子どもが再び便秘を繰り返してしまう事もあります。便秘のたびに薬を使ったりしたら、害のない薬だと言われても心配になってしまう人も多いかもしれません。

 

乳幼児に害のない便秘解消法を血眼になって探すよりも、はじめから便秘にならないように生活習慣や食習慣の改善を図り、腸内環境を自然に整えていく事が大事です。

 

乳幼児に与える食事を見直したり、腸を刺激するマッサージをしてあげたり、運動不足を解消してあげる事などがそれにあたります。また、既にトイレで排せつしている子どもの場合は、いつも同じ時間帯にトイレに行かせると良いでしょう。

 

生活習慣や食生活一つで腸内環境には様々な変化が現れます。この部分に関しては乳幼児の成長をも左右する事があるほど重要です。食事・運動・睡眠など、健やかに育つために必要な事と便秘解消法には一部被っている部分があります。

 

特に腸内環境次第ではアトピーやアレルギーが現れてしまう事もあり、後々まで子どもが辛い症状に悩まされてしまうケースも報告されています。子どもがこのような症状で悩まされるという事は、親も一緒になって悩んだり大変な思いをするという事ですから、子ども一人の問題では済みません。

 

乳幼児の時期には便秘解消・腸内環境の改善が見込める生活習慣を実践していく事で後々の体質の土台作りへとつなげていけます。

 

便を強制的に排せつさせるような方法は、乳幼児がひどい便秘で苦しんでいる時のみ利用するようにし、過度に頼らないようにしましょう。

 

<綿棒浣腸は正しく行えば即効性が高く乳幼児に害がない>

 

乳幼児が便秘になってしまった時に、とりあえず便を出す方法として綿棒浣腸が知られています。綿棒浣腸は家庭にある大人用の綿棒で手軽に行う事が出来ますので、乳幼児が便秘になって便が出てこない時にはとりあえず試してみるのも良いでしょう。

 

大人用の綿棒にオリーブオイルかベビーオイルをたっぷりと含ませてから肛門周辺にオイルを塗り、その後に1〜2cmほど綿棒を挿し入れて出し入れしてみます。また、円を描くように優しく腸内を刺激してみると便が出てくる事もあります。

 

綿棒浣腸の詳しいやり方に関しては別のページで紹介していますが、注意点や疑問点などは先にしっかりと確認してから行うようにしてください。綿棒浣腸も乳幼児が慣れないうちは泣かれたり嫌がられたりする事もありますが、根気よく丁寧にやさしく行いましょう。

 

<乳幼児の便秘解消が思わしくない時は病院へ>

 

乳幼児の便秘解消がうまくできず、一向に便が出ない時や具合が悪そうに見える時、熱があったり便の様子がおかしい時、固い便のせいで肛門から出血してしまった時などは、病院で一度診察を受けるようにするのがおすすめです。

 

乳幼児のようにまだ小さな子どものうちは、少々異変を感じたらすぐに病院で診てもらう方が良い場合もあります。今までの通常時の排便の頻度から考えても異常なほど長く便が出ない場合も医者に相談してみましょう。

 

病院では乳幼児に害が無い便秘解消方法で対応してくれたり、市販では手に入れにくい乳幼児向けの下剤や座薬、浣腸などを処方してもらえます。

 

自己流で大人の下剤を小さく割ったものを与えたり、無理に腸を刺激するマッサージを行うのは乳幼児の体の負担になる事もあるのでやめておきましょう。