MENU

離乳食の時期には赤ちゃんが便秘になる事も!気を付ける事は?

<離乳食始まりの時期が赤ちゃんの便秘の境目になる!?>

 

赤ちゃんは母乳やミルクのみで育つ時期と、離乳食を与えられて育つ時期の二つに分かれています。そして離乳食が始まるタイミングで、腸内環境に変化が訪れる事も珍しい事ではありません。

 

離乳食が始まる時期が赤ちゃんの便秘や腸内環境の変化の時期の境目になる事が多いのです。離乳食が始まった途端に便秘がちだった赤ちゃんが普通に便通が整うようになったという事も多いですが、逆に離乳食が始まったら便秘がちになってしまったというケースもたくさんあります。

 

このどちらのパターンにせよ、離乳食という一つの変化によって赤ちゃんの腸内では環境の変化が生じていくのです。特に生まれてから今までミルクや母乳で育ってきた赤ちゃんが、初めて別の食事をするわけですから、大抵の赤ちゃんは離乳食が開始されると便秘になると言われています。

 

もちろん便秘と一言に言っても個人差があり、便秘の頻度やひどさにも違いがあるものです。乳児の頃と違い、離乳食が始まる頃になると便の質にも変化が見られます。便の色も濃くなり、水っぽさが無くなって存在感が増します。

 

便を腸内に溜める事が出来るようになるため、排便自体のサイクルも長くなります。

 

<赤ちゃんの便秘で離乳食の時期に気を付ける事>

 

赤ちゃんが便秘になってしまっても、赤ちゃんが元気で目に余るような状態でなければ心配いりませんが、あまりに便秘がひどい場合は一度医者で診てもらった方が良い場合もあります。切れ血やイボ痔のような状態になってしまったら軟膏を処方してもらうなど、医療機関に相談した方が対処しやすいケースもあるのです。

 

そこまでではなく、単に便が出ないような時には腸を刺激して排せつを促すマッサージや運動など、便秘解消に役立つと言われている事を実践してあげましょう。

 

<離乳食を多く食べるようになったら便秘に良い食材を与える>

 

始めはほんの少々の離乳食しか与えていなくても、離乳食を始めてからしばらくするとバラエティ豊かな食材を食べさせるようになってきます。月齢が進むにつれて色々なものを食べる事が出来るようになるので、便秘を繰り返しているような赤ちゃんには便秘に良い食材が使われている離乳食を与えてみましょう。

 

特にひじきやワカメなどの海藻類が入っている離乳食には良質な食物繊維が多く含まれていますので便秘解消や便秘の予防に有効です。また、オレンジやみかん果汁を湯冷ましで薄めたものを与えると便を柔らかくすることが可能です。

 

赤ちゃんの腸はまだまだ未熟でデリケートです。食物繊維が多く、大人が摂ると便秘解消につながるような食材でも、赤ちゃんにはあまり適していない事もあります。特にイモ類やゴボウなどのいかにも繊維質!といった食材はほどほどにするのが無難です。

 

<離乳食の時期に便秘になったら水分補給を心がけましょう>

 

離乳食の時期は水分不足に陥りがちですので、赤ちゃんが便秘になるようならば水分補給にも気を配らなければなりません。今までミルクや母乳を飲んできた赤ちゃんは、離乳食を与える際に麦茶や白湯を与えようとしてもうまく飲めなかったり、味になれていないせいで飲みが悪いことがあります。

 

このような場合はこまめに水分を少しずつ与えるか、みかんやオレンジの果汁を絞って湯冷ましで薄めて与えるのがおすすめです。野菜や果物の繊維で便のカサが増えたり便を柔らかくしたりできますが、水分を与えすぎて逆に食べる量が減ってしまうのも逆効果です。

 

水分補給をさせる際には、離乳食を与える時だけでなく、その合間などの食べる量に影響が出ない時に少量を数回に分けて与える事も時には大事です。

 

<便秘でも離乳食を中断するのはNG>

 

赤ちゃんが便秘になってしまったからといって、始まった離乳食を一時中断してミルクや母乳に戻す必要はありません。離乳食はこれからだんだんと普通の食事にしていくまでに至るトレーニング期間のようなものです。

 

いずれは普通に固形物の食べ物に慣れ、それを食べる方法を学ばなければなりません。ですからミルクや母乳に戻すというのはそれを先延ばしにしているだけにすぎませんし、戻してもあまり意味が無いのです。

 

離乳食に慣れて腸内が整ってくれば便秘が解消される子どもも多いですから、まずは離乳食を続けつつ様子を見てみましょう。

 

<離乳食の時期の便秘はオリゴ糖でサポートするのも◎>

 

離乳食の時期は何かと便秘になりやすいものですが、乳児期の頃から便秘を度々繰り返しているような子供の場合は腸内環境のバランスが乱れてしまっていたり、環境が整っていない可能性があります。

 

腸内の善玉菌を増やしてキープする事で腸内の働きを高める事ができ、便秘の予防や解消につながる事もありますので、赤ちゃんの便を出す事ばかりに気をとられずに腸内環境を改善していく事にも気を配りましょう。

 

オリゴ糖は赤ちゃんにも与えられるような安全性が高い商品が出回っていますし、腸内の善玉菌の餌になって善玉菌の数を増やしてくれます。必要に応じてオリゴ糖を生活に取り入れたり、便秘や腸に良い食べ物を摂取させるようにしてみましょう。