MENU

赤ちゃんの便秘には綿棒浣腸が有効!注意点を守りながら便秘解消

<赤ちゃんの便秘に即効性が高い綿棒浣腸!試す際の注意点>

 

赤ちゃんの便秘の際に綿棒浣腸をすると、すぐに便が出てくる事もあるため非常に即効性も高いですし、家にあるもので簡単に行えるので、この方法を試している人は意外と多いものです。しかし赤ちゃんはとてもデリケートですから、赤ちゃんの便秘で綿棒浣腸をする際には注意しながら行わなければなりません。

 

今回は綿棒浣腸を赤ちゃんに行う場合の注意点について確認していきましょう。

 

<赤ちゃんに綿棒浣腸をしてはいけない事も>

 

赤ちゃんの便秘を解消するために綿棒浣腸をする際には、赤ちゃんのコンディションをよく見てから行う必要があります。赤ちゃんも便秘がひどくなると便が硬くなり、排せつの際に出血する事があります。

 

これは肛門が切れて傷になってしまったり、肛門近くの粘膜を傷付けてしまっている事で起こります。また、便秘のせいでイボのようなものが肛門付近にできてしまっているのが見られる場合もあります。

 

このような場合は綿棒浣腸で便秘解消を狙うのはやめ、病院で赤ちゃんを診てもらいましょう。

 

<便秘の赤ちゃんに綿棒浣腸を行う際のコツ>

 

便秘の赤ちゃんに綿棒浣腸を行う場合は大人用の綿棒を使い、充分にベビーオイルやオリーブオイルを含ませて柔らかくしてから行うようにしましょう。赤ちゃん用の綿棒は大人用よりも細くて固い場合が多く、形状的に大人用の綿棒よりも直腸の粘膜を誤って傷つけやすくなっています。大切な赤ちゃんの腸内を守るためにも綿棒浣腸は大人用の綿棒で行いましょう。

 

また、綿棒浣腸を行うタイミングも大切です。最適なタイミングは授乳や離乳食後30分程度経った頃が良いとされています。食後30分ほどすると腸の働きが活発化されますので、このタイミングで綿棒浣腸をすると綿棒による刺激と腸本来の働きが相乗効果となって排せつが促されやすくなります。

 

赤ちゃんに綿棒浣腸を行うと結構な確率で便の排せつがありますので、赤ちゃんのお尻の下にはオムツか新聞紙などを敷いて汚れないように気を付けましょう。赤ちゃんはあお向けに寝かせ、オムツを替える時のように足を持ち上げて行います。

 

<便秘解消!綿棒浣腸の正しいやり方>

 

赤ちゃんへの綿棒浣腸は大人用の綿棒で行います。綿棒にオリーブオイルかベビーオイルをたっぷりとふくませ、まずは肛門に挿す前に肛門周辺にオイルを馴染ませます。それが終わったら、肛門に1〜2cmほど綿棒を挿し入れ、円を描くようにやさしくソフトに腸壁をなぞるように15秒程度刺激します。

 

これで出なければもう一度行ってみましょう。また、この他にも綿棒を2〜3cm程度挿し入れ、前後に動かして肛門付近と腸を刺激する方法もあります。

 

綿棒浣腸をした後に、清潔な親指の腹で肛門付近を軽く押してあげるのも排せつを促すのに良いと言われています。綿棒浣腸のやり方についてわからない部分がある時は、小児科などの検診の際に相談すると正しいやり方を教えてもらえます。

 

<赤ちゃんに綿棒浣腸をしても便秘が解消されない時は>

 

赤ちゃんに綿棒浣腸を試みてみたけれど便秘が解消されない時は、赤ちゃんの腸内で固くなった便が詰まり、栓をしてしまっている可能性があります。固くなった便は時に肛門付近で見え隠れしている可能性があります。見えているんだけど固くて外に出せないでいる便に気付いた時には、綿棒を使って固い便をかき出すと後続のやわらかい便が出てくる事があります。

 

ですがこの方法はあまり自己流で無理に行わない方が良いです。本来は摘便と呼ばれる医療行為にあたりますので、素人が無理に行うと思わぬトラブルの原因になってしまう事があるので注意しなければなりません。

 

また、赤ちゃんの綿棒浣腸の他にも、ある程度月齢が高くなってミルク以外の物も飲めるようになった子どもには、みかんやオレンジの絞り汁を薄めたものを与えてみたり、水分不足を解消させたりといった同時進行での工夫も有効です。

 

<綿棒浣腸を行い過ぎると綿棒浣腸でしか排便出来なくなる?>

 

大人の便秘の場合、便秘解消するために便秘薬や浣腸などを用いる事がありますが、便秘薬などは長期使用しているとその便秘薬を飲まなければ便が出なくなってしまうなど、癖になってしまう事があります。

 

これと同じような事にならないかと心配なのが赤ちゃんの便秘の際に行う綿棒浣腸です。綿棒浣腸も頻繁に行うと綿棒浣腸でしか排便出来なくなるのでしょうか?実は赤ちゃんの便秘解消のために行う綿棒浣腸は、便秘の際に行ったとしても特に癖になるような事は無いようです。

 

大人の便秘薬や浣腸を多用する事で癖になってしまうのは、精神的なものも含まれていますので、まだ小さい赤ちゃんの場合は綿棒浣腸を行っても常習化しないといった点が挙げられます。赤ちゃんの頃は便秘を放置し、腸内環境を悪化させてしまう方がリスクが高くなってしまうのです。赤ちゃんが便秘になったら綿棒浣腸を注意点を守りながら適切に行い、便秘解消を図っていきましょう。