MENU

赤ちゃんの便秘の原因と解消方法

赤ちゃんの便秘の原因と解消方法を簡単にまとめてみました。是非参考にしていってください!<水不足>赤ちゃんの便秘には幾つかの理由があります。その中の一つが水分の不足です。これは赤ちゃんに限った話ではなく大人でもなる事で、水が不足すると腸内に宿便ができてしまいます。宿便ができてしまうとどれだけ力んでも出てくる事はなく、それこそ時間をかけて出すか浣腸しかありません。特に赤ちゃんの場合は水不足に陥りやすいのです。というのは、赤ちゃんにはいずれ離乳が求められます。母乳を飲んでいる時は水分を補給しているのですが、離乳になってくると母乳を飲む回数も減ってしまいますのでどうしても水不足に陥りやすいのです。その結果、腸内に宿便ができてしまい便秘になります。<食べ物>赤ちゃんの便秘の理由その二です。先ほどは大人と同じで水不足で便秘になりやすいと言いましたよね。そして、今回も大人と同じで食べ物によって便秘になりやすくなるのです。まず、食べる量が少ない場合ですが、この場合は食べる量が少ないのですから出る量も少なくなりますよね。その事を忘れて便の出が悪いと思っている方が多々います。ただの勘違いなんですが赤ちゃんを思うあまり不安になってしまっているのでしょう。ですので、そういった場合も考えて振り返ってみる事をおすすめします。そうすれば赤ちゃんの便の出ない理由が分かるでしょう。しかし当然ですが、しっかりと物を食べているにも関わらず出ないという事もあります。そういった場合は典型的な便秘で、考えられるのは食物繊維の不足です。これもまた大人にありがちな便秘なんですが、食物繊維が足りてないからこそ便秘になりやすいのです。<便秘の解消方法>便秘にしろ何にしろ、原因が分かったという事は解消方法も分かったという事です。なにせ原因を潰せば必然的に解消に繋がるのですから簡単ですよね。まず、水不足の場合は単純に水分補給をすれば良いだけです。その方法は母乳やミルクで良いでしょう。離乳のためだからといって母乳はやってはいけないというルールはありませんからね。離乳食と共に母乳やミルクを与えるのが最適と言えます。ただ、ここで気をつけて欲しいのは水をあげれば良いからといってあげすぎないという事です。水分の摂りすぎは逆に下痢のもとになりますから要注意です。次に食べ物ですが、こちらも食物繊維を摂らせる事で解消します。食物繊維と聞くとゴボウなどを思い浮かべますが、実は赤ちゃんでも食べられる食物繊維が多くあるのです。例えば青菜ですね。ほうれん草などでしたら赤ちゃんでも食べる事ができます。そして、それと共に乳酸菌を含んだヨーグルトなどを与えると良いでしょう。乳酸菌は腸内を整えてくれますので便秘の改善に繋がります。