子供の便秘原因と症状-腹痛の対処と解消方法マッサージ

MENU

子供の便秘で病院は行った方が良い?判断は?

12子供の便秘で病院は行った方が良い?
?子供は、もともと便秘が少ないのですが、でも全くないわけではありません。突然お腹が痛いと訴えることがあります。子供は、便秘に対する意識が少ないために、かえって排便することに意識が少ないのです。しかし、便をためこんでしまうと、便がますます固くなり、便秘が進んでしまいます。子どもの状態をよく見て、痛みがある場合や、便秘が長引くようなら、お医者さんに診てもらうことが大切です。 

 

A熱がある時
便秘が続くようなときは、時として発熱があることがあります。また、逆に、排便することで熱が下がることがよくあります。子供の場合は、便秘になると食欲がおちたり、汗をかいたりすることもあります。熱が出た時は、水分補給をすることが大切です。また、免疫力が低下している可能性があります。子供の便秘を一時的に改善するには、オリゴ糖などを摂ることで比較的短期的にお腹の状況が改善することがあります。オリゴ糖は、継続的に摂ることで数日内に効果がでてきます。ヨーグルトに混ぜたり、おやつに混ぜたり、いろいろな摂り方があります。また、カロリーが低いためとても安心して摂れますね。

 

B嘔吐がある時
子供が便秘になると、蠕動運動が低下することや、ホルモンの代謝もおちるため、食欲が低下することがあります。ですから、無理に食べようとしても、気持ちが悪くなったり、嘔吐があったりします。しかし、便秘で、吐き気がすることは体調が悪いということを意味しています。お腹の中で、消化が遅れて、食べたものを外に排出しようとしているのです。ですから、素直に、吐いて体の負担を取り除くことが大切です。また、いつもよりも、消化が進まないのであれば、食事を制限してみることも大切です。

 

C食生活の改善
そもそも、子供の便秘の多くは、食生活が影響して起こります。最近の子供は、比較的柔らかい食品を好んで食べる傾向にあるため、食物繊維の摂取が少なくなりがちです。一般的に食物繊維を多く含む野菜類などは、硬い食感のものが比較的多いため、敬遠されがちです。子供に、根菜など食物繊維を多く摂らせるには、刻んでスープに入れたり、もともと柔らかい食材で食物繊維を多く含むようなものを多く使った料理を作ってあげるなどの工夫をしたいですね。でも、どうしても、そのような食品の摂取が難しい場合は、オリゴ糖などを含むサプリメントやシロップなど上手に摂り入れるといいですね。 

 

しかし、それでも便秘が解消されない場合は、病院に行って相談することが大事ですね。