子供の便秘原因と症状-腹痛の対処と解消方法マッサージ

MENU

子供の便秘解消におすすめの食品とレシピ

?子供の便秘
子供は、通常便秘になりにくいといわれていますが、最近の子供は食生活や生活習慣の変化で、便秘症状を抱えることが多いといわれています。でも、一旦自分の子供が便秘になると、どうしてよいかわらないことが多いですね。特に、子供の場合、自分の便秘のことをはなさなかったりしますので、便秘で苦しんでいるということ自体、気付かない事自体多いようです。子供の場合、便秘症状の理解が少ないですから、積極的にお腹の状態を聞いてあげるといいですね。お通じがいつも定期的にあるかどうか?お腹のゴロゴロ感や、張りなどの状態など、いつも話題にしてみることが大切です。ここでは、そんな子供の便秘を正しく理解して、どう対処するかを正しく判断するために、子供の便秘の原因や対処法について整理してみました。

 

A腸内細菌改善
子供の便秘には様々な理由があると考えられていますが、意外に知られていないのが、お腹の中に住む腸内細菌が変化しているということです。お腹の中には1000種類くらいの腸内細菌が住んでいますが、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌と、大腸菌などの悪玉菌に大きく分けられます。最近の子供では、善玉菌が少なく、悪玉菌が多いため、便秘が多いといわれています。赤ちゃんの頃、母乳でなく人工粉乳で育った赤ちゃんはオリゴ糖が少ないため、善玉菌が増えないのだそうです。赤ちゃんの時でなくても、なるべく子供のころに、食物繊維やオリゴ糖を摂取することが大切です。食物繊維は、大豆製品、根菜類、海藻類、果汁など、たくさん摂ることが大切ですし。オリゴ糖は、スーパーなどでも売られていますから、積極的にいろいろな物に加えて使いましょう。

 

B生活習慣の改善
最近の子供は、大人と同じようにストレスを抱えている場合が多いといわれています。昔に比べて、外で遊ぶ機会が大幅に減りました。体を動かすことで、おなかのまわりのマッサージが自然にできるため、便通を促進することになりますが、そういう刺激が減っているのです。また、塾や習い事に通うケースも増えた結果、生活の中に自由になる時間が少なくなっているのです。お通じに行きたいときに、トイレに行くタイミングが合わないと、トイレを我慢してしますため、少しずつ便秘になるのです。運動の代わりには、お腹のまわりをマッサージしたり、腰をツイストするなど、おなかを中心にした体操が大事ですね。また、トイレタイムを毎日、朝の時間などもうけてあげるといいですね。生活の中でトイレを習慣付けることがとても大切なのです。

 

このように、野菜中心の食生活で、食物繊維やオリゴ糖をとり、生活習慣ではお腹周りの運動を心がければ、子供の便秘の多くの部分は解消されるはずです。